ムーブメント|掛け時計・置き時計の専門店

世界中のインテリアクロックが1,000点以上。全品2年保証・のしギフト無料・全品名入れ可能(有料)です。是非ご利用下さい。

掛け時計 からくり時計 振り子時計 置き時計 目覚まし時計

掛け時計 延長保証

$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様 現在 $POINT$ ポイントご利用可能です。 100円で5ポイント(1ポイント=1円) 貯まるお得な会員登録はこちら

Clock world > 掛け時計・置時計の豆知識 > ムーブメント

ムーブメントについて

クォーツ(Quarts)

クオーツとは水晶振動子が発する規則的な電気信号を利用した時計で、1969年にセイコーが開発。1970年代以降、時計機械の主流となっています。

クオーツには、大きく分けてアナログ表示タイプ(針の動きで表すタイプ)と、液晶ディスプレイに数字を表示するデジタル表示タイプの2種類があります。

両タイプとも電気を動力源とし、それ以前の機械式時計のように多数の歯車が必要でなくなり、小型軽量化が可能で、大量生産による低コストを実現しました。

さらに動力源として、太陽光発電(ソーラーパワー)を利用した時計など様々なバリエーションがあり、いずれも時間の精度が非常に高いのが特徴です。

電波クォーツ

電波時計は基本的にはクォーツと同じ構造ですが、「日本標準時電波」を受信することにより、時計やカレンダーの自動修正を行い、正確な時を刻む時計です。

その誤差わずか10万年間1秒。わずらわしい時間合わせの必要がありません。

※電波の受信は季節や天候、置き場所、時計の向き、時間帯、あるいは地形や建物の影響などによって電波を受信できない場合や、電波障害などで誤った電波を受信した場合は、誤った時刻を表示することがあります。
また、日中に受信に失敗しても、深夜の自動受信で受信に成功することがあります。

機械式

機械式時計とは、巻いたゼンマイがほどける力を動力源とした時計で、多くの歯車を微妙に動かして、時間を刻みます。

現代ではクオーツの時計が主流ですが、ヨーロッパでは先祖から受け継いだ機械式時計をメンテナンスし、一生モノとして大切に扱い、単なる装飾品としてではなく実用品として機械式時計を使用しています。

機械式時計はクオーツ時計に比べて精度は劣り、時計の組み立ては手作業のため、人件費やコストがかかりますが、 その機械部の手造り感・フレームの高級感は長い歴史に支えられ、今なお衰えることなく世界中で多くの人々を魅了しています。